アダラートは高血圧の方や狭心症の方に使用される医薬品です。普通の人には馴染みのない医薬品かもしれませんがとても頼りになる医薬品なのです。そんなアダラートについてまとめましたのでご覧ください。

カプセルと葉
更新履歴
電子血圧測定器

カルシウム拮抗薬に分類される降圧剤として頻繁に使用されるようになっているものの一つがアダラートです。
アダラートのようなカルシウム拮抗薬は多くの患者に対して高い降圧作用を示すことが多いという信頼性があることや、長く使用されてきた経験があることから、医者にとって使用しやすい医薬品となっているのが頻用される理由となっています。

特にアダラートはもともとは短時間しか作用しない医薬品として血圧管理には使いづらいものでしたが、徐放性座が開発されたことによって一日一回の経口投与で血圧を管理できるようになりました。
患者にとって飲む回数が少なくて良いというのは飲み忘れを防いだり、飲み過ぎを防いだりするという観点から重要なことであり、ますますその使用頻度を高めることにつながっています。
患者にとってはアダラートをいつ飲むかということが問題になりますが、基本的には一日一回という制約を守ればよく、朝昼晩のいずれかの食後に飲むということを選ぶのが一般的です。
他に処方されている医薬品と同時に飲むようにすることによって飲み間違いや飲み忘れを防ぐということもよく行われている試みであり、そうすることによって血圧管理を確かに行うことができるようになります。

一方、患者によっては夕食後や就寝前に飲むことが推奨される場合もあるので注意が必要です。
一日一回で血圧をコントロールすることができるといっても、その血液中のアダラートの濃度は刻々と変化します。
飲んだ頃に比べると、次に飲む直前の血液中の濃度が低くなっており、降圧作用が小さくなっているのが事実です。
早朝高血圧が問題になっている患者に対しては朝に飲まずに夕食後や就寝前に飲むことで早朝高血圧のコントロールを行うことが大切になります。

記事一覧
血圧を測定される女性

高血圧症は収縮期血圧/拡張期血圧が140/90mmHg以上の状態をいいます。 日本では食生活の欧米化...

錠剤とカプセル

高血圧の治療や狭心症の発症を抑えるなどの理由でアダラートを処方されたときには、少しでも安く購入をした...

アーカイブ
サイト内検索