アダラートは高血圧の方や狭心症の方に使用される医薬品です。普通の人には馴染みのない医薬品かもしれませんがとても頼りになる医薬品なのです。そんなアダラートについてまとめましたのでご覧ください。

カプセルと葉
  • ホーム
  • アダラート服用前の注意点まとめ

アダラート服用前の注意点まとめ

血圧を測定される女性

高血圧症は収縮期血圧/拡張期血圧が140/90mmHg以上の状態をいいます。
日本では食生活の欧米化によって、脂質異常症や糖尿病の有病率が増加してきており、それに伴い動脈硬化の進行している人も増加傾向にあります。
動脈硬化によって血管は柔軟性を失い、過剰な血圧が血管壁にかかりやすくなります。
よって高血圧症の有病率も年々増加傾向にあります。
高血圧症の治療においては何より血圧のコントロールが重要となります。
血圧コントロールの為に、運動療法や食事療法も積極的に行われますが、何より重要視されるのが薬物治療です。
高血圧症治療薬としてはカルシウム拮抗薬、アンギオテンシン受容体拮抗薬が治療の中心となっていますが、その他にも利尿剤やβ受容体遮断薬、アンギオテンシン変換酵素阻害薬も広く使用されています。

高血圧症治療薬の中心的存在のカルシウム拮抗薬の代表格として有名なのがアダラートです。
アダラートは昔から盛んに使用されていましたが、1日3回の服用が必要でした。
しかし近年はCR錠、L錠などの徐放性製剤の登場によって1日1回の服用でも血圧コントロールが可能となってきています。
このことから現在でも盛んに使用されています。
アダラートの服用前の注意点に関してですが、飲み初めにはまずめまいやふらつきといった低血圧症状が起こることがあります。
こういった症状が出た場合に車の運転や高所での作業を行うと非常に危険です。
ですからめまいやふらつきが起こる可能性を頭の中に入れて行動しておくといいでしょう。
また歯肉肥厚が現れやすいことも特徴です。
もし歯茎が厚くなったと感じた場合には早めに主治医に相談するようにしましょう。
またグレープフルーツは薬の動態に影響を与えるので摂取を控えておきましょう。

関連記事